「乳児用プラスチックホックで世界へ」2013.01.03

2013年1月3日の「大阪日日新聞」より抜粋

学生通信社の現役学生が個性豊かな4社を直撃
成果を上げる中小企業-カジテック-『乳児用プラスチックホック世界へ』-2013年1月3日の「大阪日日新聞」より-


学生通信社の現役学生が個性豊かな4社を直撃
成果を上げる中小企業-カジテック-『乳児用プラスホック世界へ』

1992年創業で、ハトメやホックなどアパレル関連パーツの卸売り・輸出入を行う社員40人の会社だ。・・・同社は「夢」を大切にしている会社だ。

得意先、仕入先などの関係者や消費者、何より社員の幸せを追い求めること、そして会社も社員も一度決めた夢を実現すること、それが会社の理念のひとつ」と梶浦社長は話す。

・・・今後の会社の夢は、ベビー服用のプラスチックホックを世界に広めることだ。既に国内のベビー服は、多くがプラスチック製ホックを採用。「今後はヨーロッパや米国、中国、そしてASEAN諸国に広げたい」と語る。

同社は定期採用を行っていないが、昨年度は留学経験がある2人を採用。・・・同社の扱うホックを売ることにやりがいを感じ、経営理念に共感してくれる人が採用の大前提。その上で、語学力のある人を求めている。

「大企業とは一つの商品、プラスチックホックにかける思いが違う」と話す梶浦社長。視線の先には、世界中の赤ちゃんが健やかに過ごせる社会がある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ