「創業90周年で祝賀会」と「SBS」2012.12.10

2012年12月初旬の「繊研新聞」より転載 創業90周年で祝賀会 -SBS:サン・ボタンスナップ-

2012年12月初旬の「繊研新聞」より転載
創業90周年で祝賀会 -SBS:サン・ボタンスナップ-


アパレルパーツ製造卸のカジテックは、創業90周年祝賀会を開いた。仕入先を中心に約120人が参加した。

ハトメ、ホックのメーカーとして1922年に創業し、1930年ころから韓国、中国に進出、生産拠点も擁するなど、ハトメやホックでは草分け的存在の企業の一つ。

現在は、プラスチックホックを中心に衣料やシューズ、バッグなど幅広い分野のパーツを扱うメーカー指向の強い問屋として存在。2005年には上海法人を設立、プラスチックホックの打ち付け機のフォロー体制も整備して海外縫製にも対応を進めている。

今年7月に4代目社長に就任したばかりの梶浦昇社長は「激しく、早い情勢変化の中で現状維持は退歩。早い変化に対応できる新しい風を起こす。」とあいさつ。「原点に帰って日本品質の付属にこだわりを持ちながら、仕入先と太いパイプでつながって世界を視野に入れたビジネスを進める。」と、100周年に向けて強い決意を示した。

サブコンテンツ

このページの先頭へ