「服飾副資材-デザイン・機能・活用法で差を付ける-」2019.12.12

服飾副資材-デザイン・機能・活用法で差を付ける-

服飾副資材-デザイン・機能・活用法で差を付ける-
-2019年12月12日の「繊研新聞」より-

 

服飾副資材-デザイン・機能・活用法で差を付ける-

アパレル製品は、サスティナブル(持続可能)な観点からも生産数が減少していくことが予想される。日本の服飾副資材企業はデザインや機能を磨き、活用方法などの提案の幅を広げ、差別化できるアイテムを増やしている。

高付加価値商品の開発が増えている。ユニフォーム分野の開拓も目立つ。

・・・(略)・・・

カジテックは無刻印のフラットタイプの樹脂ボタン「SPJ」を投入した。ポリアセタール樹脂の原着素材で20色揃い、11月から本格販売した。裏面は真鍮とアルミのため軽く、表面は後でレーザー刻印できる。今後は色数を増やしながら、ジーンズやカラーチノなどのデニムカジュアル市場やキッズ、ワーキング市場に広げる。

・・・(略)・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ